イベント

2020.6.13(Sat) ~ 6.14(Sun)/ 学園行事

【割引あり】川村毅作・演出 『4』

【主催】
京都芸術大学 舞台芸術研究センター
【カテゴリ】
学園行事
【開催地】
京都府

イベント情報

 
モノローグから始まり、徐々に思いもよらぬ展開へと観客を導く衝撃作。作者の川村毅は本戯曲において2013年に鶴屋南北戯曲賞、文化庁芸術選奨文部科学大臣賞を受賞しており、本作品では初めて自身の演出で、実力派出演陣とともに舞台を立ち上げます。

【出演】今井朋彦、加藤虎ノ介、川口 覚、池岡亮介、小林 隆
詳細は劇場ホームページをご覧ください。

企画・主催:京都芸術大学 舞台芸術研究センター
制作:ティーファクトリー、京都芸術大学 舞台芸術研究センター




【チケット発売】

新型コロナウイルス感染拡大防止のための本学入構禁止(~5/6(水))に伴い、
チケット発売日を以下のとおり延期いたします。

一般発売  (変更前) 4月15日(水)  (変更後) 5月13日(水)10:00

一般 4,000円 ⇒ 春秋座ホームカミング会員※特別価格 1,600円

 ※2019年6月15日よりチケット販売システム「瓜生山同窓会会員」の名称を 
「春秋座ホームカミング会員」に変更いたしました。

 

 

【チケット取扱い】
★「春秋座ホームカミング会員」への登録がお済みの方は
劇場オンラインチケットストアへ
 
★「春秋座ホームカミング会員」への登録がまだの方へ
京都芸術劇場 チケットの割引購入について 
※割引価格でのご購入は、ご本人様1枚のみ
※卒業生のうち春秋座ホームカミング会員のみの特別価格となります。
通信教育部卒業生で、まだ春秋座ホームカミング会員でない皆さんは、この機会にぜひ
同窓会HPより会員登録をお済ませ下さい。
 
公演情報
2020年6月13日(土)/14日(日)15:00
各回開演30分前ロビー開場、10分前より整理番号入場

 
会場:春秋座 特設客席
 
『4』・・・裁判員、刑務官、死刑囚、法務大臣というまったく立場の異なる複数の<個>の視点から、死刑制度にかかわる人々と、かかわらざるをえなかった人々の思考や人生がモノローグ形式によって語られていく本作は、その役割を演じ手が交互に替えていき、それぞれが虚構の世界で交わっていくことで、フィクションを通じてリアルな現実を浮き彫りにする。

【スタッフ】
音楽:杉浦英治(SUGIURUMN) 照明:原田保 音響:藤平美保子
衣裳:伊藤かよみ 演出助手:小松主税
舞台監督:小笠原幹夫/劇工房 双真
製作:平井佳子/ティーファクトリー
宣伝写真:野村佐紀子  宣伝美術:町口覚/マッチアンドカンパニー
協力:アルファエージェンシー、ケイファクトリー、文学座、レディバード、ワタナベエンターテインメント(50音順) 小宮山智津子
託児サービス(要事前予約)
6月14日(日)
対象:生後6ヶ月以上7歳未満
料金:お子様1名につき1500円
申込み期間:6月5日(金)17時まで
予約・お問い合わせ 舞台芸術研究センターTEL:075-791-9437(平日10-17時)
『4』東京公演
2020年5月29日~6月7日
会場:シアタートラム
主催:ティーファクトリー
提携:公益財団法人せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター
後援:世田谷区