イベント

2018.10.12(Fri) ~ 10.14(Sun)/ 学園行事

【割引あり!】ウースターグループ『タウンホール事件』

【主催】
京都造形芸術大学舞台芸術研究センター、KYOTO EXPERIMENT
【カテゴリ】
学園行事
【開催地】
京都府

イベント情報


表現の最前衛に立ちつづける劇団が再現する
あの過激な夜のドキュメント

テクノロジーを用いた重層的な演出で、設立40年を超えて今なおニューヨークを拠点に現代演劇の先端を走る、ウースター・グループの関西初公演!作家ノーマン・メイラーの著書『性の囚人』をめぐり、1971年にNYのタウンホールで行われたディベート「女性解放のための対話」を記録した映画を題材に、レズビアンのジャーナリストの視点からこの過激な夜を再訪し、そこで起きた出来事を再び繰り広げます。

========================================

ウースター・グループの『タウンホール事件』は、クリス・ヘジダスとD・A・ペネベイカーによる映画『タウン・ブラッディ・ホール』に基づいている。映画は1971年にニューヨークのタウンホールで実施された女性の解放に関する激しいディベートを記録したもの。このディベートには文化評論家のダイアナ・トリリング、フェミニスト作家のジャーメイン・グリア、レズビアンのジャーナリストのジル・ジョンストンといった文学者、挑発者、思想家たちが登壇し、ノーマン・メイラーが節度のない[モデレートでない]モデレーターを務めた。

『タウンホール事件』は、この討論を破綻させ、後にその経験を著作『レズビアン・ネーション』に著したジル・ジョンストンの視点で、この映画を引き延ばし、この過激な夜を再訪し、そこで起きた出来事を再構築する。

【演出】エリザベス・ルコンプト
【出演】エンヴァー・チャカルタシュ、アリ・フリアコス、ギャレス・ホブス、グレッグ・マーテン、エリン・マリン、スコット・シェパード、モーラ・ティアニー、ケイト・ヴァルク
■日時
2018年
10月12日(金) 19:30開演
10月13日(土) 17:00開演
10月14日(日) 14:00開演
※開場は開演の30分前
※14日(日)は託児サービスあり
■会場:京都芸術劇場 春秋座 特設客席(京都造形芸術大学内)
■好評発売中!
一般価格4,000円 ⇒ 瓜生山同窓会会員特別価格1,500円
 
 
★「瓜生山同窓会会員」への登録がお済みの方は
劇場オンラインチケットストアへ
http://www.k-pac.org/
 
★「瓜生山同窓会会員」への登録がまだの方へ
京都芸術劇場 チケットの割引購入について
http://www.uridou.jp/about/member/#coupon
 
※割引価格でのご購入は、ご本人様1枚のみ
※卒業生のうち同窓会会員のみの特別価格となります。
通信教育部卒業生で、まだ同窓会会員でない皆さんは、この機会にぜひ
同窓会HPより会員登録をお済ませ下さい。