2019.08.27 Tue

開学30周年「グランドデザイン2030」と「京都芸術大学」への名称変更(2020年4月1日〜)について

このたび、学校法人瓜生山学園京都造形芸術大学は、2021年4月1日に大学開学30周年を迎えるにあたり、本学の理念である「京都文藝復興」「藝術立国」の実現に向けた将来構想「グランドデザイン2030」を策定いたしました。
 
「GRAND DESIGN2030」
 
 
1991年に4年制大学を開学した当時入学者150人でスタートした本学は、2019年現在、通学課程、通信教育課程、学部、大学院合わせて11,392人の日本最多の学生を擁する芸術大学に成長しています。急激に変化する社会に向けて、本学が担うべき役割とは何かを問い続け、「京都文藝復興」「藝術立国」の理念の実現を目指し、さらなる教育・研究・社会貢献活動に取り組んでいきたいと考えております。
 
また、それに伴い、本学のこれまでの歩みと、現状の学問領域、将来構想(グランドデザイン2030)の3点を踏まえて、その教育内容や活動に相応しい大学名称として、2020年4月1日より「京都芸術大学」への名称変更の手続きを行い、文部科学省からその承認を得られました。
 
1977年に開学した短期大学では、「京都芸術短期大学」という名称を用いておりました。1991年の4年制大学設置申請時には、「京都芸術短期大学」という名称に沿って「京都芸術大学」という名称で大学設置申請を行うことも検討しておりました。しかし、当時の大学の学科構成は、「芸術学科」「美術科」「デザイン科」の3学科と限定されたものであり、大学名称についても、専門分野との適合性の観点から「造形芸術」の定義を用い、「京都造形芸術大学」の名称で設置認可を得ました。
開学後は、教育研究の充実を図り、学部学科の新増設を進めて今日に至っており、現在は学科数も17学科に増え、「造形芸術」の枠を超えた、より広義の「芸術」領域の教育・研究に取り組んでいます。「Art」の語源であるラテン語の「Ars」が意味する、「人が生きる術」すべてを表す「芸術」をその名に抱き、「人間とは何か」を問い続け、この京都から「藝術立国」の実現に向けた取り組みを推進してまいります。
 
その活動を卒業生のみなさんと一緒に取り組めることを、楽しみにしています。
 
 
■本件に対するお問い合わせ
京都造形芸術大学 総務課
TEL:075-791-8301   E-mail:uridou@office.kyoto-art.ac.jp
 
※本学は、略称としては、「瓜芸(うりげい)」「KUA(ケーユーエー)」を使用し、「京芸」「京都芸大」は使用いたしません。