2022.06.30 Thu

2021総会質疑回答

質問1
2020年度決算報告に質問があります。
「役員会・幹事会費」の内訳を教えてください。
 
回答
役員会・幹事会費の科目では、役員会・幹事会開催時にかかる諸費用の他、本部事業に従事する役員・幹事の交通費等の必要経費を計上しています。
 
 
質問2
通信生入会の案内は現在どんな感じなんでしょうか?
入会のメリットがどのように伝わっているのでしょうか?
私も卒業時に迷いました。
2015年3月時と違っているかもしれませんのでお教えください。
 
回答
これまでは卒業式に合わせて入会案内のブースを設けて加入のご案内をしておりましたが、近年の感染症対策により校内での活動を控え、現在は対面での案内を行っておりません。書面での入会案内をお渡しするとともに、同窓会ホームページで活動報告や活動支援のご案内を続けております。
 
 
質問3
2021年度予算の中で会費収入が2020年度27,000,000円で2021年度と同額としておりますが、備考欄の納入会員数をみると通学会費が839名から750名、通学会費が減り、通信会費は170名から150名と減っております。同額会費いうことは会費も上げないとそうならないと思いますがどうでしょうか。
 
回答
終身会費の金額は固定していますので、例年の会費収入はある程度平均化された加入者数で予算立てしています。
 
 
質問4
予算の体系として年間の予算をみると収入・支出の差額をみると1600万程の支出しかなくほとんどが繰越しされております。2億5000万円が定期預金となっております。繰越金がこんなに多いのはおかしいと思うので会費を減額するか、又は別に基金会計をつくりそちらに移して管理していくべきと考えますがどうでしょうか。
 
回答
瓜生山同窓会は、創設から現在まで終身会費制で運営しております。会員は今後も増加しますが、平均年齢を基準としておよそ30年後には飽和値になると推測し、それまでにかかる固定費を計算の上、繰越金を積み上げるかたちとしています。
この繰越金については定期預金口座での管理を行っていますが、今後は同窓会の法人化を見据え、基金会計での管理や効果的な資金の活用について検討を行って参ります。
 
 
 
質問5
瓜生山同窓会会則に役員の報酬について書いてないのですが、支払っているのでしょうか? 第一議案*に、昨年度は新型コロナ感染症の為多数の役員会・会議が中止となりました。とあります。予算に近い経費が掛かっているのですが何故でしょうか。
 
回答
感染症対策の為に対面での役員会や会議が中止しましたが、リモート開催に切り替えてこれまで通り会議を行っております。
運営にあたる担当役員の業務量は減少しておらず、例年の基準をふまえ役員報酬としての執行、活動にかかる経費の計上をしております。
予算に近い経費が掛かっている点については、一部の企画において開催に向け準備をしたものの、感染者症例数増加等の状況を鑑みて中止を判断した結果、キャンセル料金が発生したため費用として執行した事例があります。また総会費が予算以上となったのは臨時総会を開催したためであり、その内訳は郵送費、印刷費、返信ハガキ等に充てています。
 
 
 
 
質問6
OB・OG展援助費 援助率が25%(ただし、上限を30,000円とする。とありますが私の住まいの関係から発表の場が東京になります。画廊の賃料が200,000円は下りません。援助率の上限を上げていただけることは出来ないでしょうか。検討をお願いします。
 
回答
コロナ禍による影響で展覧会等の実施が減ったことで申込件数が減りましたが、例年予算執行率の高い援助制度です。援助制度の在り方はコロナ禍の問題とは別に検討が必要だと考えています。同窓会の役割は何であるべきかこれからも検討する中で、支援対象や援助率についても考えていきます。
 
 
質問7
総会費 の予算が2,000,000円で組まれています。昨年の実績単価は113,6円です。昨年度実績同様または以上の2,272,000円以上で予算化するべきでないでしょうか。
 
回答
今まで総会運営の在り方が学内での総会を対面で行ってきましたが、コロナ禍の為、対面でない書面決議方式を採用しました。結果としては対面で行う総会よりも多くの同窓生の回答があり、今までよりもより積極的に同窓会活動に関わっていただけたかと思います。いままでの総会費、総会の為に京都へ来ていただいた方向けに市内で総会連動企画としてイベントを開催しその予算としていましたが、その在り方が変化してきていますのでもうしばらく変動していくかと考えます。
 
 
質問8
OB・OG展援助費 40件400,000円になっています。1件当たり10,000円援助です。昨年の実績が1件たり18,300円です。20,000×40件で予算化すべきではないでしょうか。
 
回答
備考欄の40件は例年の想定件数の数値を継続しているもので、実質はコロナ禍による申込減を想定して予算を計上しております。一件当たりの上限3万円の規約通りです。
 
 
質問9
分科会費とはどのような費用なのでしょうか。彫刻立体で予算化されていますが、絵画では適用出来ないのでしょうか?
 
回答
分科会費については、各コース幹事から企画提案があった「卒業生による、コース単位での事業」が承認執行されており、全ての学科・コースに適用可能です。しかし、本学のコース再編・増加によりコース幹事の不足や欠員、また連絡の行きわたらない年度が多くなっています。多くのコースで多年度にわたる会員の管理をすることが困難になっており、組織改編も含めて今後の運営を検討しなければならないと考えています。
 
 
 
提案事項
京都芸術大学の知名度を上げるため、また卒業生がこんなに活躍しているのだ、良い作品を制作しているのだとPRするために、また、受験生を増やすためにも、例えば東京の画廊(銀座、京橋、日本橋)や京都の画廊、大阪の画廊を同じ時期に沢山借り切って個展を行う画廊ハイジャックを計画してはどうでしょうか。
実現までには3年以上の時間がかかると思います。
東京の画廊の知名度のある画廊は2年後までほとんど埋まっていますし、この事業に賛同し個展を開いてくれる卒業生も集めなければなりません。大変面倒なことかもしれませんが、ご検討をお願いします。
東京の画廊の交渉は私で良ければ行います。金沢美術工芸大学が2回行った実績があります
 
回答
画廊ハイジャック計画については同窓会運営において面白い取り組みかと感じます。役員会で検討します。