2016.07.05 Tue

京都芸術短大卒業生の上田暇奈代さんの著書が出版されました。

京都芸術短大・ビジュアルデザインコース卒業生の上田暇奈代さん(大阪市在住)の著書が出版されました。

釜ヶ崎で表現の場をつくる喫茶店、ココルーム



  上田假奈代=著
  発売日:2016年06月21日

「私たちの生活や価値が経済の仕組みに回収され、消費者としてしか生きられない場所にいたくはない。
面倒ごとがなく、無駄や非効率なもの、醜いものを排して、安全安心な場所、を本当につくれるのか」
「これまで、生きることは表現だ、仕事は表現だ、と大きい事を言ってきたことが恥ずかしかった。
表現を担保するとは、お互いの存在を認め、大切にしている場をつくれているかを問われているという
ことなのだ。表現することが大事なのではなくて、表現できる場をつくれているか、その場の一人として、
他者として生きているか、と。」(本文p.55より)
ーーー上田假奈代

■フィルムアート社
[URL]http://filmart.co.jp/books/society/life/cocoroom/